Orangeburg County

オレンジバーグ郡はサウスカロライナ州の中央に位置する大規模な地方都市で、17の自治体を擁し、人口は約 98,000人に上ります。

ビジネスニーズ

9・11事件以降、災害への準備体制の整備があらゆるレベルの行政機関にとって重要な焦点となっています。さらに、4年後のハリーケーン・カトリーナにより、海岸沿いの住民に対応する行政機関にとっては緊急性の高い課題となりました。

災害への準備体制の重要な測定基準の一つとして、公共安全と管理に関する重要データの保護レベルがあります。この測定基準によって、担当職員が災害時回復の潜在的な欠陥に関して既存のITインフラを監査する必要が生じています。

この監査が2006年にオレンジバーグ郡で行われ、テスト未実施の郡の災害時回復システムに関する懸念が浮き彫りになりました。2台のIBM iサーバーはいずれも、郡の管理棟内に設定されており、サーバー1台は公安専用で、もう1台は行政に使用されると共に、コンピューター支援出動(CAD)の二重バックアップとして機能しています。

オレンジバーグ郡のITディレクター、ゲーリー・フォーケル氏によると、オレンジバーグ郡にはそれまで、システムのテストを適切に行うための機能がありませんでした。

「テープバックアップは毎晩実施していましたが、すべてをシャットダウンする時間がなかったため、テストをしたことがありませんでした」と、フォーケル氏は説明しています。「万が一のためのバッグ用マシンがないので、ハードウェアの一時的な障害、ましてや大規模な災害に備えることが実質的に不可能だったのです。」

フォーケル氏の見積もりによると、使用サーバーが1台、または2台とも損失することになれば、代替サーバーを入手・設定し、バックアップをリストアし、完全には失われなかったデータを再生成するのに、5〜7稼働日を要することになります。

決定事項

財務・ 税金記録や給与支払いから犯罪記録まで、様々な重要データをテスト未実施の災害時回復システムへ集約して保管することは、容認すべきことではありませんでした。このためフォーケル氏は、フロリダ・レークマリーを拠点とするサンガード・パブリック・セクター(SPS)の助けを求めることにしました。

SPS は、ソフトウェアやコンサルティングサービスを長年にわたってオレンジバーグ郡へ提供し、MAXAVAによるMaxava HA ENTERPRISE HA/DR(HA / 災害時回復)ソリューションの認定販売代理店です。

「複数の競合するHA/DR製品を審査したうえで、Maxava HA ENTERPRISEの信頼性が極めて高く、さらに、当社の製品ラインにぴったり合っていると確信していることについて、クライアントの方々にご理解いただいています」と、SPSのインプリメンテーション・プロジェクト・マネージャーのスー・ダマス氏は説明しています。

ダマス氏は「私たちは、Maxava HAがリプリケーション中に当社製品にいかに影響を与えるかを把握しているのです」と述べ、SPSがMaxava HA製品の導入と1次レベルサポートを提供する認定を受けている点を強調しました。

成果

オレンジバーグ郡ではMaxava HAを使用して、郡の2台のサーバーからフロリダのSPS施設にある2台のLPARへの行政・公安データのリアルタイムリプリケーション(CAD二重作成を含む)を行っています。さらに、フォーケル氏はMaxava HAを使用して、オレンジバーグ郡の両サーバーでの夜間のシステムバックアップと月次IPLの実施を継続しています。

それ以外は、フォーケル氏によるMaxava HAとのやりとりは、リプリケーションに問題がないかを確認するための定期ステータスチェックに限られています。

「まだ、実際にMaxava HAを使用しなければならなかった状況になったことはありませんが、職務を実行するうえで、SPSアプリケーションへの依存度が高いため、365日24時間稼働していることは極めて重要です。Maxava HAによって、安心感がもたらされています。」 

SPSは、あらゆるモニタリングサービスを提供することによって、フォーケル氏によるMaxava HAに関する管理上のやりとりを最小限にとどめています。また、同社は定期的なロールスワップテストに加えて、郡が行政・公安システムのアップデートや変更を行った際に、継続的なリプリケーションチェックを実施しています。

ハリケーン・ハンナ

Maxava HAとSPSによって、実際の災害発生に対する態勢が整えられたのは、サウスカロライナがハリケーン・ハンナの予想進路上にあった2008年9月のことでした。

「事前の警報に伴って、Maxava HAによる複製の予備テストを行い、緊急サービス部門との大規模な会議を開催することによって、全員がバックアップ計画を把握するよう確実を期しました」と、フォーケル氏は説明しています。

SPSが参加した活動については、ダマス氏が次のように述べています。
「災害に関する予測シナリオを展開することによって、複製をモニターし、複製が最新データになるよう確実を期すると共に、即時にロールスワップできるよう、当社ではMaxava HAを通常より厳重にモニターしていました。

ここレークマリーにあるバックアップシステムにアクセスするためのプロトコルをまとめることによって、フォーケル氏は当社グループやユーザーと極めて密接に連携を図りました。」 このシステムは、郡が承認したすべてのユーザーがPCからインターネット回線を通じて利用することができます。

幸いにも、オレンジバーグ郡はハリケーン・ハンナの直撃を免れましたが、危機を直前に回避することができ、迫り来る災害を想定した中でMaxava HAとSPSのシステムを実際に利用した経験により、フォーケル氏は自信を深めています。

「たとえ公安施設が破壊されても、別の場所に行って、サンガード・パブリック・セクターのサーバーに接続すれば、最大 20〜30分でMaxava HAを通じてリプリケーションされたリアルタイムデータにアクセスできることが分かっているので、非常に心強く思っています。」
posted by MAXAVA at 08:16 |     -海外事例 | 更新情報をチェックする

KSB Hospital

イリノイ州シカゴから西に145kmに位置するKSB病院は、84床の急性期医療施設で、民間非営利病院です。8ヶ所の出張診療所ネットワークを擁し、様々な補助サービスを提供すると共に、担当患者の健康な生活を包括的に増進することを目指し、数多くのプログラムに対応しています。

ビジネスニーズ
システムのダウンタイムを最小限にすることが重要な組織として、病院はその最たるものでしょう。ダウンタイムが計画によるものか、計画外であるかを問わず、365日24時間人命を預かる病院にとって、業務の継続性が長時間にわたって滞ることは致命的です。

2年前に、KSB病院は患者カルテのペーパーレス化を導入する決断をしました。この移行により、すべての患者カルテを管理する情報システムとミッション・クリティカル・アプリケーションに全面依存することになりました。

紙による記録に頼ることができないため、同院が予定するメンテナンス・ダウンタイム(1日12分間および1週間に1時間)は許容限界に達し、同時にイニシャル・プログラム・ロード(IPL:IBM iの推奨定期リブートで、数時間のダウンタイムを必要とする)を始めとするその他のITメンテナンス作業が必然的に後回しとなっていました。

ダウンタイムの問題がついに火急の課題となったのは、給与アプリケーションのベンダーがOSをV5R2からV5R4へアップグレードするよう求めた時でした。このアップグレードには、病院のシステムを12〜14時間停止する必要がありました。

KSB病院の情報システムディレクター、ディビッド・ジン氏は、「2年前であれば、バックアップのために1時間停止しようが、アップグレードのために3時間、いや、12時間停止しても、たいした問題にはなりませんでした。

しかしカルテのペーパーレス化を実施することによって、システムが365日24時間稼働していることが不可欠となったのです」と説明しています。実際に、イリノイ州公衆衛生局とメディケアは、常時、電子医療記録が患者に利用可能な状態を維持することを義務づけています。

決定事項
ジン氏と担当スタッフはMaxava HA製品を2年前にトライアルで使用したことがあったため、このシステムに精通していました。MAXAVAビジネスパートナーのITソリューションズ・グループにより、KSB病院の現行のIBM iモデル810に論理区画(LPAR)が採用され、Maxava HA ENTERPRISEソフトウェアが導入されていたのです。

このため、KSB病院の現行サーバー内に「論理」マシンを作成し、KSB病院の全データを別の IBM iサーバーに移行するプロセスを複製することが可能でした。それにより、Maxava HAの有効性と別の物理マシンへデータを移行するスピードが実証されただけでなく、KSB病院のスタッフが、Maxava HAのヘルプデスクやサポートスタッフと実務に即してやりとりできるようになりました。

これを受けてV5R4 OS搭載の新しいIBM i モデル525の購入が決定すると、Maxava HA ENTERPRISEがインストールされ、給与アプリケーションをV5R2システムからV5R4システムへ切り替え、給与アプリケーション以外のアプリケーションがV5R4へ複製されることになりました。

ジン氏は次のように説明しています。
「毎週木曜日の午後に、いずれにしても1時間のダウンタイムウィンドウを確保していました。このため、この時間を使って、ユーザーをオフラインにし、Maxava HAのロールスワップ、アプリケーションのテストを実行してから、ユーザーをオンラインに戻しました。V5R4への切り替えに要した合計ダウンタイムは、 12時間のはずが55分で終わりました。」

成果

給与アプリケーションがV5R4へアップグレードする必要があったことが最初のきっかけであったとはいえ、Maxava HAへの移行とそれに伴うダウンタイムの削減により、KSB病院が情報システムマネジメントのあらゆる面において最新情報の維持を実現したことについて、ジン氏は高く評価しています。

「私たちが目指しているのは、PTF(IBM i Access for Windowsサービスパック)の適用とIPLの頻繁に実施できる環境を構築することです。」とジン氏は説明しています。

「これまでの12時間の大規模なダウンタイムのイベントが今では、ほぼ12分のイベントになりました。これは、システムのアップグレードやディスクのアップグレード時にHAマシンの交換に要する時間ですが、ユーザーはバックアップ機を使用していることに気付きもしません。」 

「Maxava HAによって、災害対策機能と長時間稼働という2つの素晴らしいメリットがもたらされました」と、ジン氏は締めくくりました。

「私どもがミッション・クリティカル・システムを使用していることに対して値段をつけようと思った事はありませんが、ER部門から前夜のシステムダウンについて苦情をがなり立てられることがないというのは、お金に換えられないほどありがたいものです」
posted by MAXAVA at 08:16 |     -海外事例 | 更新情報をチェックする

Guilford Police Department

コネティカット州ギルフォードは、ニューヨークとロードアイランドの中間の海岸沿いに位置しています。住宅地と夏の観光地の両方の特徴を持ち、123.3平方kmにおよそ27,000人が居住し、38人を擁する警察部門があります。

ビジネスニーズ
国内の同規模の街と同様に、ギルフォード警察は毎年、単なる車の接触事故から深刻な犯罪まで、数千件に上る様々な事件の通報に対応しています。事件の種類や深刻度に基づき、所定の事件に関するすべての警察記録は10年以上、時には無期限に保管することが法律によって義務づけられています。

ギルフォードでは、これらの記録は街の2台のIBM iサーバーのうちの1台にあるテープドライブに保管されていますが、一連の障害によって警察記録を含むデータファイルが復旧不能に破損されたのを受け、ギルフォード警察ITマネージャーのハンク・リンドグレン巡査部長は、事態の再発防止に向けた検討を緊急で実施しました。

リンドグレン巡査部長はまず、従来型の災害時回復ソリューションに取り組みました。これは、警察の既存のテープ・バックアップを参照し、ハードディスクからテープへデータをコピーするものです。

「これが結果的に、問題の一つでした。なぜなら、システムは損傷を受けたオブジェクトのバックアップを作ろうと試みていたからです」と、リンドグレン巡査部長は説明しています。

バックアップテープを調べてみると、破損データファイルの未破損バージョンを含む唯一のテープは、当初のハードドライブのクラッシュ前日のものであることが分かりました。しかし、当該テープからの修復もうまく行きませんでした。

破損しているオブジェクトにも関わらず、さらに直近のデータからのバックアップをシステムがすでに試みているために、未破損バージョンを『古い』データとして認識してしまっていたのです。

警察には法によって保管が義務づけられている印刷版の報告書がありましたが、リンドグレン巡査部長によると、コンピューターによって利用、検索、参照ができる情報が存在しないことは、時間、資金、労力の面で深刻な問題となることが予測されました。

成果
幸いなことに、警察には別の場所にもう1台のIBM i サーバーで運用されているMaxava HA ENTERPRISEがありました。そこでリンドグレン巡査部長は、リモート・ジャーナル機能を試すことにしました。その結果、Maxava HA ENTEPRISEは目覚しい成果をもたらしました。リンドグレン巡査部長は次のように説明しています。

「私は、Maxava HA ENTERPRISEがすべての変更をジャーナルしていた旧IBM iサーバー、つまりバックアップ機に『保存ファイル』を作成し、本番機へ転送することができました。さらに、Maxava HAはファイルを単にコピーしているだけではなく、変更をジャーナルしているので、バックアップ機にあるファイルは破損しておらず、その時点から6時間以内のすべてのエントリーを含んでいました。もし仮にこれまでのバックアップからのリストアができていたとしても、13日分のデータを失っていたはずです。」

Maxava HA ENTERPRISEのパフォーマンスはさらに、OS v5.2が動作する古いIBM iバックアップ機から、OS v5.3が動作する新しい本番機へのデータのリストアに関して、リンドグレン巡査部長が当初抱いていた懸念を打ち消すことになりました。

リンドグレン巡査部長は、保護する責任を担う情報の重大性を鑑み、ソリューションがもたらした効果には計り知れない価値があるととらえています。「Maxava HA ENTERPRISEがなければ、データ復旧のために膨大な時間と資金を費やすことになったのは間違いありません」と、リンドグレン巡査部長は振り返ります。

「しかし、必要になる場合に備えて、Maxava HA ENTERPRISEがバックで稼働していることが分かっているので、非常に安心です。ツールが増えれば、問題を解決する方法が増えることになります。そして災害時回復に関して、私たちはMaxava HAを使用します。」
posted by MAXAVA at 08:16 |     -海外事例 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。