事業継続計画策定ガイドライン

ここでは、経済産業省発行の「事業継続計画策定ガイドライン」の抄訳をお届けします。
 重要と思われる部分を整理してお届けします。

全文詳細はこちらをご覧ください

企業における情報セキュリティガバナンスの
  あり方に関する研究会 報告書
      参考資料
  事業継続計画策定ガイドライン

      目次

第T章 基本的考え方
1.1. BCP(Business Continuity Plan)の必要性
1.2. BCP が求められる背景
1.3. BCP の特性
1.4. 世界と日本の動向

第U章 総論(フレームワーク)
2.1. BCP 策定に当たっての考慮事項
2.2. 組織体制について
2.3. ビジネスインパクト分析からBCP 策定までの流れ
2.4. BCP の導入と教育・訓練
2.5. BCP の維持・管理

第V章 BCP 策定に当たっての検討項目
3.1. 検討項目の全体像とポイント
3.2. BCP の実施体制
3.3. BCP 発動フェーズにおける対応のポイント
3.4. 業務再開フェーズにおける対応のポイント
3.5. 業務回復フェーズにおける対応のポイント
3.6. 全面復旧フェーズにおける対応のポイント
3.7. リスクコミュニケーションの重要性

第W章 個別計画(ケーススタディ)
4.1. 大規模なシステム障害への対応
4.2. セキュリティインシデントへの対応
4.3. 情報漏えい、データ改ざんへの対応

事業継続計画(BCP)策定ガイドライン参考資料集
参考1 各フェーズにおける実施項目
参考2 対策本部室に備えるべき設備・備品類チェックリスト
参考3 フェーズ毎の対策本部の役割
参考4 フェーズ毎の各チームの役割
参考5 システム関連BCP 一覧表の項目
参考6 代替手段の検討項目事例
参考7 総括の項目(システム関連)
参考8 ベストプラクティス:BCP 構築事例
posted by MAXAVA at 23:16 |     −1.基本的考え方 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。