2.2 策定・運用体制の確立

 あなたの会社において、本指針に従ってBCPを策定し、日常的な運用を推進する社内の体制を決めます。次の点を考慮して、策定する体制と推進する体制を決めて下さい(〔様式03〕BCPの策定・運用体制に記入)。

●経営者自らが率先して策定・運用推進にあたる
 BCPの策定・運用は最重要の経営課題であり、経営者のリーダーシップが不可欠です。

●企業の規模や業務の役割分担に応じて人選する
 家族経営のような企業では経営者1人でも構いませんが、総務、財務、労務、技術、営業など役割分担が決まっている場合は、各部署からサブリーダーを参画させてください。

●取引先企業や協力企業との意見交換や摺り合わせを行う
 緊急時の事業継続には取引先企業や協力企業との連携が重要になります。BCPに関する意見交換や摺り合わせをしばしば行うことをお勧めします。また、協同組合や商店街の加盟企業が連携してBCP策定・運用に取り組んだり、商工会や商工会議所でBCPに関する勉強会を開いたりすることも有効です。

●BCPの策定・運用推進に取り組んでいることを全ての従業員に周知する
 BCPの運用は全ての従業員が対象になりますし、実際の緊急時には従業員の行動が計画の成否を左右します。BCPの運用に対して従業員の参加意識を高める必要があります。

BCPの運用・策定体制.jpg

*****************************************************
上記記事は、下記サイトより抜粋転載しております。
詳細は、こちら をご参照下さい。
posted by MAXAVA at 20:16 |     -1.はじめに | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。