1.1 BCP(事業継続計画)とは

 BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

 緊急事態は突然発生します。有効な手を打つことがきでなければ、特に中小企業は、経営基盤の脆弱なため、廃業に追い込まれるおそれがあります。また、事業を縮小し従業員を解雇しなければならない状況も考えられます†2。

 緊急時に倒産や事業縮小を余儀なくされないためには、平常時からBCPを周到に準備しておき、緊急時に事業の継続・早期復旧を図ることが重要となります†3。こうした企業は、顧客の信用を維持し、市場関係者から高い評価を受けることとなり、株主にとって企業価値の維持・向上につながるのです。

BCPの役割.jpg

 このBCPの特徴は、
@優先して継続・復旧すべき中核事業を特定する
A緊急時における中核事業の目標復旧時間を定めておく
B緊急時に提供できるサービスのレベルについて顧客と予め協議しておく
C事業拠点や生産設備、仕入品調達等の代替策を用意しておく
D全ての従業員と事業継続についてコニュニケーションを図っておくことにあります。

 企業が大地震などの緊急事態に遭遇すると操業率が大きく落ちます(下図参照)。何も備えを行っていない企業では、事業の復旧が大きく遅れて事業の縮小を余儀なくされたり、復旧できずに廃業に追い込まれたりするおそれがあります。

一方、BCP導入している企業は、緊急時でも中核事業を維持・早期復旧することができ、その後、操業率を100%に戻したり、さらには市場の信頼を得て事業が拡大したりすることも期待できます。

BCP導入効果イメージ.jpg

 BCPの策定・運用にあたっては、まずBCPの基本方針の立案と運用体制を確立し、日常的に策定・運用のサイクルを回すことがポイントとなります†5。本指針では、この策定・運用の流れに従って、その実践方法を説明していきます。

BCP全体像.jpg

*****************************************************
上記記事は、下記サイトより抜粋転載しております。
詳細は、こちら をご参照下さい。
posted by MAXAVA at 22:16 |     -1.はじめに | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。