ジュピターショップチャンネル株式会社様

テレビショッピングを支える物流情報システム
*noMAXにより障害対策に備える


● 2007年4月に最新鋭の物流センターが稼働
● センター業務を支える独自の物流情報システムをSystem iで構築
● 24時間365日稼働のサーバーを*noMAXで2重化

最新の物流センター稼働で物流能力を大幅に向上

ケーブルテレビ放送やデジタルテレビによる通信販売「ショップチャンネル」で、急成長を遂げるジュピターショップチャンネル。毎日24時間、生放送による企画性の高い番組で、ファッションからグルメ、ホームグッズ、エレクトロニクス製品まで、ショップチャンネルでしか手に入らない魅力的な商品を提供する。

現在、同番組を視聴できる世帯数は約2212万(2007年12月時点)で、日本の世帯数の40%を超える。最近はテレビだけでなく、PCや携帯電話によるインターネット販売や直営店の展開など、チャネルの多様化にも取り組んでいる。

テレビショッピングの最大手として、急成長する同社の事業を支えるのは、最新鋭の設備を装備したショップチャンネル物流センターである。同社の物流業務は1996年の創業以来、サードパーティロジスティクスを基本とし、千葉県舞浜にある物流センターへ委託していたが、売上の増大に伴う発送量の急増で、物流能力は限界に近づきつつあった。そのため、物流の迅速
性や機動性の向上を狙いに、千葉県習志野市に新たな物流センターを建設した。同センターは、2007年4月に本稼働を迎えている。

6階建て、5万6000m2の延べ床面積を備える同センターには、ショップチャンネルの物流特性に最適化した最新鋭の設備と物流情報システムが、同社自身の手により構築された。スピード梱包ラインや伝票折機、自動倉庫、一括パレット出庫、タッチパネルディスプレイやバーコードスキャナを備えたハイテクピッキングカート、顧客ごとに異なる同梱物を梱包するための同梱物セットラインなど。

「世界最先端の技術を駆使し、作業者の動線を最大限に考慮して設計された当センターは、1日当たり最大15万個の発送能力を誇ります。舞浜時代から比べて、物流能力は大幅に向上しています。2007年は1342万個の商品がここから発送されましたが、キャパシティ面ではまだ十分な余裕があり、今後の業務量増加にも対応可能です」と、ショップチャンネル物流センターの今井敏夫所長(兼ロジスティクスオペレーション副部長)は語る。

この新・物流センター建設プロジェクトは2005年4月から2007年2月までの1年10カ月で進行した。ここでは、物流業務を支援する情報システムの構築が重要な鍵を握る。

そこで基幹サーバーには、信頼性と安定性を評価して、2005年にiSeries(9406-810)を導入。本社の販売管理システムからの受注データを作業効率の最もよいデータ単位へ細分化する、あるいは物流センターが受け付けるクーリングオフによる返品/返金作業をシステム上で支援するなど、同社のきめ細かな機能を反映した独自の物流情報システムが完成した。
2007年10月には、データ量の急増に対応するため、新たにもう1台、System (i 9406-520)を導入している。

センターを支える物流情報システム「 *noMAX 」で2重化

「システムの設計を開始した当時から、障害対策のための2重化体制は不可欠と考えていました。検討に向けて動き出したのは、810を導入し、システムがトラブルゼロで無事に本稼働を迎えた2007年2月からです。本番機を520にして、810をバックアップ機に利用しようと、HAソリューションの検討を開始しました」と語るのは、乘松洋司グループ長(ショップチャンネル物流センター システムグループ)である。

同社では物流情報システムにて、放送で紹介する商品の管理も行っているので、520が障害で停止した場合、放送中止を招く事態も想定される。甚大な販売損失を避けるためにも、システムの2重化が不可欠であるのは言うまでもない。

システムグループがHA(ハイ・アベイラビリティ)製品の選定要件として重視したのはコスト、切り替え時間、リソースへの負荷という3点である。とくにデータ量が増加の一途をたどる同社の場合、HAの導入でリソース負荷が高まり、本番業務に支障が生じる事態は避けたいとの思いが強かったようだ。

いくつかのHA製品を検討し、最終的に採用を決定したのは、ベル・データが提案した「*noMAX GARRISON」(マキシマム・アベイラビリティー)である。
乘松氏によれば、切り替え時間やリソースの問題をクリアしていることに加え、他製品に比べ、導入コストが低額であったことが決め手になったようだ。

導入決定は2007年9月。ベル・データの万全の支援体制を得て、データのバックアップ対象を決定する設計作業など準備作業に約3カ月を費やした。そして2重化体制がスタートしたのは、
2008年3月。同社のサーバー運用は24時間365日で、テレビ放送が実施されている間は1秒たりともシステムを停止できないが、例外が年に2回ある。 3月と9月に実施される通信衛星のメンテナンス時だ。この時は、番組が6時間休止するため、本番機を停止できる。2重化体制の構築はこのタイミングを狙って行われたのである。

ちなみに「*noMAX GARRISON」は、本番機とバックアップ機間で双方向のレプリケーションが可能であるが、現在実施しているのは、本番機からバックアップ機へデータのみを書き込む片方向のレプリケーションである。
同社では、次の衛星メンテナンスが実施される2009年3月に、バックアップ機から本番機へと双方向のレプリケーションおよび、データだけでなくオブジェクトのバックアップを実施する予定だ。

また現在は、本番機とバックアップ機の双方ともに、習志野市の物流センターに設置しているが、災害対策も視野に入れて、近い将来、バックアップ機を物流センターから移設することも検討しているようだ。

今井 敏夫 氏:ショップチャンネル物流センター所長兼ロジスティクスオペレーション副部長
乘松 洋司 氏:ショップチャンネル物流センター システムグループ グループ長

COMPANY PROFILE
設立:1996年
本社:東京都中央区
資本金:44億円(2000年12月)
売上高:1023億円(2007年度)
従業員数:758名(2007年12月末)

http://www.shopch.jp/

(当事例紹介は、iMagazine 8号に掲載されました)
(注:弊社ブランド名「*noMAX」は、2010年10月に「Maxava HA」に変更しました。)
posted by MAXAVA at 23:16 |     -国内事例 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。