奥地建産とセコム山陰がBCMS認証取得

建設業初、中国四国地方初

奥地建産
奥地建産株式会社(三重県伊賀市)は、本社工場および三重工場、大阪
事務所で事業継続マネジメントシステム(BCMS)規格「BS25999-2:2007」の認証を取得した。登録範囲は金属建材及び太陽光発電架台の製造。初回登録日は2010年11月17日。認証機関はビューローベリタスジャパン株式会社。国内で建設業でのBS25999-2の認証取得事例はおそらく初。

セコム山陰
セコム山陰(島根県)はセキュアデータセンター山陰部門において、1月27日付けでBS25999-2を認証取得した。登録範囲は、データセンター事業における事業継続管理。認証機関は日本検査キューエイ株式会社。中国四国地方では初の認証取得事例となる。
同社は島根、鳥取の両県でデータセンター事業を展開している地方の情報系企業。今回BCMS認証の適用範囲となったのはデータセンター事業で、同社では、特に顧客企業にとって重要性の高いと考えられるASP形式による高速メール配信システムを核としたBCP構築をしてきた。今後は、DC業務全体へBCPを順次拡充していく予定だ。
 2月14日には、インターリスク総研が主催するセミナーで、セコム山陰株式会社企画広報/プロジェクト推進室 室長の中谷典正氏がBCMS運用の苦労話やその後の課題等について講演する。

http://www.risktaisaku.com/Home/bs/article171
posted by MAXAVA at 08:16 |     -リスク対策.com | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。