BCMSユーザーグループ 第1回カンファレンス

ISO化へ提言 国内BCMSの普及

ISO化を視野にした活動方針
 代表の篠原氏は同グループの活動方針の1つであるBCMSのISO化(国際規格化)への提言活動について「ISO化のスケジュールに合わせ、国際規格案のレビューを行い、ユーザー会員の集約した意見・要望をISO標準委員会に提出することが重要だ」と発表。

ISO化の動向を踏まえつつ、BCMSを認証取得したユーザー会員の要望事項を取りまとめ、ユーザーの立場から提言活動を行うことに加え、BCMSの認証機関(審査登録機関)を認定するJIPDEC(財団法人日本情報処理開発協会)とも協力関係を構築・維持しながら認証制度の普及促進に努めていることを確認した。第2回カンファレンスは2011年1月を予定している。

http://www.risktaisaku.com/Home/bs/article167
posted by MAXAVA at 08:16 |     -リスク対策.com | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。