全国初の「環境格付」・「防災格付」の同時融資

政投銀がディスコに実施
株式会社日本政策投資銀行(DBJ)は7月9日、株式会社ディスコ(本社:東京都大田区)に対し、環境格付融資および防災格付融資を全国で初めて同時に実施したと発表した。

 「環境格付」および「防災格付」融資は、DBJが開発した独自の評価システムにより企業の環境経営度・防災への取り組みを評価、優れた企業を選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「環境格付」・「防災格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資制度。

 ディスコは、「高度な切る・削る・磨く技術」を追求し、半導体や電子部品製造時に使用する切断・研削・研磨装置と精密加工ツールでトップシェアを持つメーカー。企業理念である『DISCO VALUES』を軸とした組織経営を実践し、CSRの実現に先進的かつ積極的に取り組んでいる。

防災格付では(1)「事業継続マネジメントシステムマニュアル」により全社的な対応計画を整備し、(2)本社に加え全ての主力工場で免震装置を導入、(3)東京と広島に拠点を有する特性を活かして情報システムの相互バックアップ体制を構築している、など顧客への製品安定供給維持を通じ、自社のみならず顧客の事業継続体制をもバックアップする体制を構築している点を高く評価したとしている。

http://www.risktaisaku.com/Home/bousai/article155
posted by MAXAVA at 08:16 |     -リスク対策.com | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。