日銀がバックアップセンター運用の課題報告

・操作手順書の遠隔地保管など

日本銀行金融機構局はこのほど、「バックアップ・コンピュータセンターの実効性確保にかかる課題と対応策」と題するレポートを発表した。 

多くの金融機関が災害などに備え、バックアップセンターを確保していながらも、業務継続体制の実効性確保の面では、課題があると考えている機関が多いことから、システム面を中心とした金融機関におけるバックアップセンターの設備状況や運用状況の留意事項をまとめている。

 レポートでは、バックアップセンターの運用プロセスを@バックアップセンター稼働に向けた通常時の運用段階、Aバックアップセンターへの切り替え段階、Bバックアップセンターの稼働期間中、Cバックアップセンターからメインセンターへの復帰段階、の4つの段階に分け、それぞれの課題と対応策を解説している。

http://www.risktaisaku.com/Home/it-bcp/article164
posted by MAXAVA at 07:05 |     -リスク対策.com | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。