「電気、水が止まっても 「命」を守れるか?」

「電気、水が止まっても 「命」を守れるか?」
・災害医療最前線 その時、病院は機能するか
・病院のBCPを支えるサプライチェーン 酸素を止めない

大地震などの災害で、電気や水が途絶えたり、あるいは施設そのものが被災しても、事 業の中断が許されない医療機関。人材・資機材などが不足する中、入院患者の安全確保や、押し寄せる被災者への救急処置など、医療業務を継続するための備え は極めて重要だ。一方で、内閣府が09年7月に発表した「特定分野における事業継続に関する実態調査」の結果では、医療施設におけるBCP(事業継続計 画)の策定率はわずか4.8%にとどまり、現実とのギャップを浮き彫りにした。

 もちろんBCPの策定率が低いからといって、自然災害への対策が遅れているとは言い 切れない。BCPの概念がまだ病院などには浸透していないのだろう。ただし、非常時に重要業務をいかに継続させるかを事前に決めておくBCPの手法は、災 害医療にも大いに役立つことは期待できる。医療機関のBCPを取材した。

http://www.risktaisaku.com/Home/jishin-bcp/article17
posted by MAXAVA at 08:16 |     -リスク対策.com | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。