2011/2/3 霧島(新燃岳)火山活動

2011/2/3
霧島(新燃岳)の火山活動

噴火の概要
霧島山(新燃岳)では、昨日(2日)05時25分、10時47分、15時53分及び本日(3日)08時09分に爆発的噴火が観測されるなど、噴火活動が現在も継続しています。

現在、噴火警戒レベル3(入山規制)を発表しており、火口から概ね4kmまでの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒が必要です。

火口から概ね3kmまでの範囲では、火砕流にも警戒が必要です。
風下側では降灰及び風の影響を受ける小さな噴石(火山れき)に注意が必要です。また、大きな空振に注意が必要です。

降雨時には泥流や土石流に注意が必要です。

<これまでの活動状況等>
新燃岳では、1月26日以降活発な活動を続けており、爆発的噴火が3日17時までに計9回発生しました。噴火に伴う降灰が、鹿児島県霧島市、宮崎県都城市など山の南東側を中心に広い範囲で観測されています。

現地調査によると、2月1日7時54分に発生した爆発的噴火では、大きな噴石が新燃岳火口から3kmをこえて飛散していることを確認しました。




posted by MAXAVA at 10:23 |     ・1月-3月 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。